読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Progateで復習

JavaScript基礎

script.jsを記述

コンソールに表示
// 以下で、"Hello, World"とコンソールに表示してください
console.log('Hello, World');

// 以下で、"Hello, JavaScript"とコンソールに表示してください
console.log('Hello, JavaScript');
計算しよう
// 8に5を足した値を表示してください
console.log(8+5);

// "8 + 5"を文字列として表示してください
console.log('8+5');

// 7を3で割った余りを表示してください
console.log(7%3);
変数の基本
// 変数widthに、7を代入してください
var width = 7;

// 変数heightに、9を代入してください
var height = 9;

// 変数areaに、width * heightを代入してください
var area = width*height;

// areaの値をコンソールに表示してください
console.log(area);
変数の更新
// 変数xに、8を代入してください
var x=8;

// xに5をかけてください
x *=5;

// xの値を表示してください
console.log(x);

// xから1を引いてください
x--;

// xの値を表示してください
console.log(x);
文字列の連結
var str1 = "Java";
var str2 = "Script";

// 変数newStrを宣言し、変数str1と変数str2を連結したものを代入してください
var newStr = str1 + str2;

// 変数newStrをコンソールに表示してください
console.log(newStr);

// 変数newStrと文字列を連結し、「JavaScriptの世界へようこそ」とコンソールに表示してください
console.log(newStr + 'の世界へようこそ');
if文で分岐
var x = 11 * 11;
var y = 22 * 22;

// 変数xが120より大きい場合に、
// "xは120より大きいです"とコンソールに表示してください

if(x>120){
  console.log('xは120より大きいです');
}

// 変数yが400より小さい場合に、
// "yは400より小さいです"とコンソールに表示してください

if(y<400){
  console.log('yは400より小さいです');
}
else, else if
var x = 11 * 11;

// else ifを用いて、xが120以上の場合に、"xは120以上200以下です"と表示し、
// elseを用いて、"xは120より小さいです"と表示してください
if (x > 200) {
  console.log("xは200より大きいです");
} 
else if (x>=120) {
  console.log('xは120以上200以下です');
}
else {
  console.log('xは120より小さいです');
}
論理演算子
var x = 30;

// 変数xが20でない場合の条件分岐を書いてください
if (x!=20) {
  console.log('xは20ではありません');
}


// 変数xが10以上50未満のときの条件分岐を書いてください
if (x>=10 && x<50) {
  console.log('xは10以上50未満です');
}
else {
  console.log('xは10未満もしくは50以上です');
}
whileで繰り返し
// 変数iを宣言し、10を代入してください
var i = 10;

// while文を用いて、変数iが100未満のときに繰り返すループ文を記述してください
while(i<100) {
  console.log(i);
  i++;
}
for文で繰り返し
// for文を作成してください
for(var i = 10; i<100; i++) {
  console.log(i);
}
break, continue 繰り返し処理の注意点
for(var i = 1; i < 100; i++) {
  // 「変数iが3の倍数かつ7の倍数」のとき、ループを抜けてください
  if (i%3==0 && i%7==0) {
    break;
    
  // 「変数iが3の倍数」のとき、次のループに進んでください
  } else if (i%3==0) { 
    continue;
    
  } else {
    console.log(i);
  }
}
配列
// 配列fruitsを定義してください
var fruits = [];

// 配列fruitsの3つ目の要素を取り出し、"3つ目の要素は◯◯です"と表示してください
fruits[0] = 'apple';
fruits[1] = 'banana';
fruits[2] = 'grape';
console.log('3つ目の要素は' + fruits[2] + 'です');

// lengthを用いて、配列の要素の個数を表示してください
console.log(fruits.length);
配列と繰り返し
var fruits = ["apple", "banana", "grape"];

// 変数fruitsLengthを宣言し、配列の要素の数を代入してください
var fruitsLength = fruits.length;

// for文を用いて、配列の値を順にコンソールに表示してください
for (var i=0; i<fruitsLength; i++) {
  console.log(fruits[i]);
}
連想配列
// "age": 14のあとに、キーと値を追加してください
var user = {"name": "wanko", "age": 14,"place": "Tokyo"};

// 連想配列userのキー"name"に対応する値を、ドット(.)を用いて取り出し表示してください
console.log(user.name);

// 連想配列userのキー"age"に対応する値を、[ ]を用いて取り出し表示してください
console.log(user['age']);

for (var key in user) {
  // 変数keyの値をコンソールに表示してください
    console.log(key);
  
  // キーに対応する値を、[ ]を用いて取り出して表示してください
    console.log(user[key]);
}
関数の基本
function square(length) {
  var area = length * length;
  return area;
}

// 変数lengthを宣言し、7を代入してください。
var length = 7;

// 関数square()と変数lengthを用いて、"正方形の面積は◯◯です"と表示してください。
console.log("正方形の面積は" + square(length) + "です");
関数の自作
var number = 10;
var a = 6;
var b = 7;

// 関数addを定義してください
function add(num1, num2){
  var number= num1+num2;
  return number;
}

// 関数add()の引数に変数a, bを渡し、コンソールに表示してください

console.log(add(a,b));
// 変数numberをコンソールに表示してください
console.log(number);